無料 レンタルサーバー

ハーバード流 キャリア・チェンジ術



ザ・ファシリテーター弁経―人材活用の極意業界の最新常識 よくわかる人材派遣業界 (業界の最新常識)英文履歴書の上手な書き方と実例―職種別履歴書・カバーレターの実例33コーチングのプロが教える決断の法則「これをやる!」 (講談社Kハード)プロフェッショナル 仕事の流儀〈7〉採用される 転職サイト活用術&応募フォームの書き方ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方イベント警備実務のABC―イベントの感激を安全で演出ハーバード流 キャリア・チェンジ術


ハーバード流 キャリア・チェンジ術
ハーバード流 キャリア・チェンジ術

ジャンル:
セールスランク:123025 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

長きにわたって情熱を注いできた仕事に対し、このままで良いのかと疑問を持ったことはないだろうか? 自分のやりたいことは別にあるような気がする。とはいえ、人生半ばでキャリアを変更するのはもったいない──そんな躊躇(ちゅうちょ)から脱し、キャリア・チェンジを成功させた、あるいは成功させつつある39人の転職体験から、キャリア・チェンジの原則を見いだしたのが本書である。

本書の特徴は、従来のように綿密な計画を立て、自己分析を行ったうえで行動するといった、「考えてから行動する」という順序を否定している点にある。キャリアを「チェンジ」するプロセスと、そこに働く心理を解明し、計画や考えることよりも、進化や行動を重視するアプローチが新鮮だ。また「人は数多くの将来の自己像を持つ」ものだというスタンスは、人生半ばでキャリア変え、アイデンティティーを構築し直す後ろめたさや敗北感から解き放ってくれる。

さらに本書では、過去と現在のアイデンティティーの板挟みに悩む「過渡期」の苦しみの乗り越え方についても、紙幅を割いている。過渡期を支えるのは、古くからの友人や前職の仲間ではない。今までのキャリアから乗り換えるにあたり、「強いきずなは視界を奪う」という言葉は、よく心しておくべきだろう。 本書の後半にまとめられている「新しいキャリアを見つけるための型破りな9つの戦略」は、キャリア・チェンジに留まらず、人生におけるさまざまな岐路に直面したときにも等しく効果的な戦略である。次のステップを模索中の人に、勇気を与える1冊だ。(朝倉真弓)



実践的

転職活動に対する今までの常識が覆りました。立ち止まっているだけでは小さな勝利もえられない。人間関係を変える。それは他のプロフェッショナルも説いています。
米国人の事例に少し違和感が

高橋俊介著『スローキャリア』で薦めていたので本書を読んでみました。主張のコアは「人生の方向転換に必要な知恵は杓子定規には決められない」「言葉ではっきりと表現しづらく」「経験を通じて蓄積される」ということです。だから「具体的な状況で特定の人との関わりあい社会と交流することで得られる」と言っています。転職、キャリア形成では、一般的には、人生の目標を見つけ出し、計画をたて、具体的なアクションを実行する、ことがオーソドックスな方法論だと言われ、巷にもノウハウ本もたくさん出版されています。ですが、本書によれば、実際に、多様な考え方や価値観(かならずしも金持ちになることばかりが、人生の勝者であるとはかぎらない、など)が許される現代、選択肢は無数にある社会においては、はじめから、自分を認識し、将来を見通し、目的に向かって計画的な人生を生きて行く、ということは現実には困難が多い、と思われます。「計画して実行するという順序では」キャリア・アイデンティティーを築くのは困難と述べています。
では、どうすればいいのか?については、本書では数人の具体的な転職の動機、経緯、人脈、行動などを具体的に事例として多数登場させています。ただ、残念ながら、事例は、当然、米国、英国人であり、日本のビジネスマンの参考にはなりますが、卑近な例として共感するには違和感がありますし、どの事例も、みな高学歴ですので、自分なりに咀嚼して理解する必要があります。でも、新しい、実際的な転職、キャリア形成の考え方を得るには好著であるといえます。
危険です

そこそこ順調に仕事を続けていた人が、ふと「今やっていることは、本当にやりたいことじゃない」と思い悩み、まったく別のキャリアを探してハッピーになるという事例が列挙されてます。
読み終わるころには、もの凄く会社を辞めたくなって危険です。

それにしても、日本語の題名は商魂がみえて品がない。かえって逆効果だと思うのだけど。本自体はキャリアに関するアイデアにあふれロングセラーの価値があります。
「ハーバード流」の輝かしい転職経験に励まされる

「今の仕事になんとなく不満はあるけど、転職するのもいろいろ大変そうで迷っている」という本にオススメです。小さなことから行動しよう!と思えます。

ハーバード流と書かれているだけあって、欧米のアッパークラスの人々の輝かしい転職遍歴が39人紹介されてます。投資銀行から会社設立、大学教授(文系)から証券アナリスト、経営コンサルから(希望していた)ヴァージンに入社etc..

この本では「明確にゴールを決めてからそれに向かって一直線に進む」という方法よりも、「試しながら学ぶ」「小さな勝利を積み重ねる」ことを推奨しています。すぐに転職することがなくても、「もっと自分にあった仕事をしたい」という志を持ちつつ日ごろから努力していれば、チャンスがやってきたときにそれをつかめる!ということだと思います。

本のスタイルとしては、2,3人の活動例を紹介したあと、作者によるその活動の評論が書かれています。評論は基本的に同じことの繰り返しなので、39人分の活動例をたくさん読んで、自分を勇気付けるのがこの本のよい使い方ではないでしょうか。

それにしてもアメリカ人の自分のキャリアに対する貪欲な姿勢には驚かされます。。。
一般のサラリーマンのケースと乖離

a-\a?¬a?§a? ̄i?"i??a-3a??e≫¢e?・a?Re??c??a1'e?¢a?¨a??a??a?|a??a??a?-a*?i?"i??a-3a?aao*a?§a??a?acμ?e¨"e?・c¨Ra?,a?Re≫¢e?・a? ̄a??a?aa??e?£a?-a??a?Ra??aR?a?...a?§a??a??a*?a?¢a?!a?aa?≪a?§a??i?"i??a-3a?'e¶...a??a??a?¨a??a??a??e≫¢e?・a?-a?aa??a?¨e??a??a?|a??a??a*?a??a?Ra??a??a?ae≫¢e?・a,?a?'a?§a*?a?ca?Ra??a??a?≪a?-a?|a?-a?£a?aa?¢a??a?§a?3a?,a?'a? ̄e??a?≪a??a??a?Ra??a?'e|?a??a??a*?a?"a?Ra?¬a?'a??a?≪a?-a?£a??a*?

a?"a?Ra?¬a?≪c'1a≫?a??a??a??i?"i??aooa? ̄a*?a??a?aa??a?ac§*a?§c??a??c??a?≪a??a??a?-a?|a??a??a*?a?"a?Raooa??a?!a?aa??a?°a??a?'a??a?£a?|a??a??a??a??a??a?¨a??a??a?°e±!a?'a?-a?'a??a*?c?Rc≪?a?£a??a?Ra??a*?a??e3?e?*e!?c-?a?Ra??a??a??c??a?'e**e?・a??a??a?aa??a?§a??a??aooa??a?!a??a??a*?a,*e?¬c??a?aa??c??a"!a?Ra?ca??a??a?'a??a??a?RaR?a??a?'a??a?£a?|a??a??a?Ra??a??a??i??

i?"i??a-3a?Rc"?c2?a?Ra?§a-|a??a??a??a??e3?e?*e!?a?≪a?-a?£a?aa?¢a??a?§a?3a?,a?-a??a??a??a??a?£a??a??a*?c'?e??a?¨a??a??a°-a??a??a??a*?e≪|a??a??a?≪a?aa??a?'c¶?a?'a??a?°a*?ca?e£?a?ae≫¢e*2a??a? ̄e??a?aa?Ra??a?¨a*?a??i??a-\a?¬a!?Rc??a??a??i??a?¢a?!a?aa?≪a?Rc??a??a??a?¨a??a??e-°e≪-a? ̄a??a?3a?≫a?3a?1i??a*?a?-a??a?-a*?a,*e?¬c??a?aa?μa?ca?aa??a??a?3a??a?¬a?"a?≪a?§e??a?aa?-a?£a?aa?¢a??a?§a?3a?,a?§a??a??a?Ra??a?≪a??a??a?|a? ̄a*?c-'a??a??aR?a??a*?

a?*a??a?≪a*?eμ°a??a?aa??a??e*?a??a??a?¨a??a??c?oa?3a? ̄a*?a-¬a-°a?§c??aR?c??a*?a,*ea-a?-a*?a?...aR1a?'c??e§£a?-a??a??a*?a??a??a?≪e!?a??a?≪c§≫a??a?"a?¨a??a? ̄e??a*?



翔泳社
働くひとのためのキャリア・デザイン (PHP新書)
キャリアショック ―どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるのか? SB文庫
スローキャリア (PHP文庫)
キャリアの教科書
仕事で「一皮むける」 (光文社新書)







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー