無料 レンタルサーバー

ザ・ファシリテーター



ザ・ファシリテーター弁経―人材活用の極意業界の最新常識 よくわかる人材派遣業界 (業界の最新常識)英文履歴書の上手な書き方と実例―職種別履歴書・カバーレターの実例33コーチングのプロが教える決断の法則「これをやる!」 (講談社Kハード)プロフェッショナル 仕事の流儀〈7〉採用される 転職サイト活用術&応募フォームの書き方ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方イベント警備実務のABC―イベントの感激を安全で演出ハーバード流 キャリア・チェンジ術


ザ・ファシリテーター
ザ・ファシリテーター

ジャンル:
セールスランク:2042 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,680 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

小説を読んでいる感覚で

小説を読んでいるような感覚でファシリテーションの真髄とはなにか、、とても分かりやすく書いてありました。ノウハウだけ呼んでも実際にどのように使われるのか、このような形で説明されれば、自然に学ぶことができます。
会議の現場がイメージできる

ファシリテーションスキルというものが、実際の会議現場でどのように使われているのか、どのように使うと効果的なのかが、ストーリーで描かれているのでイメージしやすいと思います。
著者は数多くの会議現場を経験されてきてると思いますので、このような書き方ができるのだと思います。
ただし、後からポイントを読み返したりすることは難しいので、「ファシリテーションて何?」みたいな所から入りたい方にはちょっと不向きかもしれません。

組織変革ファシリテーションのケーススタディを学べます!

現代の組織のリーダー、経営者の必須スキルである「ファシリテーション」についてストーリー形式で書かれた本。
ファシリテーションとは、組織に属する個々の能力を最大限引き出しつつ、その能力をうまく組み合わせる事で組織として最大のアウトプットを引き出すスキルである。要するに1+1=2以上になるような化学反応を起こさせるスキル。
組織変革を行っていく上で、ファシリテーションのさまざまなノウハウ、スキル、リーダシップのあり方、それらに対する組織に属する人々の反応をリアルに書いてある。具体的にこのスキルはこういった場面で活用するのか。とケーススタディとして学べるので、個人的には分かりやすかった。また、組織において、ファシリテーターの存在がどれだけ重要かを知る事ができる本である。
本気で変化を起こしたい人のバイブル

■本書はあなたの役に立つか?
 あなたにとって本書が役に立つか立たないかのチェックリストを
独断でまとめてみた。

▼こんなあなたに本書は役立つ
・自分自身や組織に変革を起そうと真剣に考えている
・マニュアル的な育成トレーニングに疑問を感じている
・逆境に果敢に飛び込んで行く

▼こんなあなたに本書は不要
・即座に役に立つノウハウを学びたい
・苦労をしたくない
・本を読むだけで何かが変わると思っている

 このリストで、本書が役に立つと判断されたあなた!
 以降のレビューはあなたのためのものです。


■小説仕立てでファシリテーションの真髄を表現
 ファシリテーションを小説仕立てで解説しているところに著者の
慧眼を感じた。
 ファシリテーションにはマインドとスキルの要素がある。
 ところが、マインドは多分に内面的な要素が強く、言葉にし難い。
仮に言葉にしても、その重要性が理解されない場合が少なくない。
 スキルについても、ファシリテーションではレベルが上がるほど
実践や経験に基いた抽象度の高い対人スキルが求められるので、こ
れも説明が難しい。
 それを解決するために小説の形を取っているのだ。
 勿論、ケーススタディというやり方もあるが、より血の通った小
説と言う形でそのエッセンスを伝えるやり方は優れている。


■私は本書をこう読んだ
 自分の経験や行動と照らし合わせながら読んで行くと、実感とし
て納得出来るものが多かった。それも、そのはず。著者によると、
誇張はあるが殆どが実体験に基いた話らしい。
 そして、あとがきに書かれた15の質問。
 一週間ほどかけてノート10頁程に自分の意見をまとめたのだが、
これがとても素晴らしいワークになった。この最後の質問は本書の
肝だ。このワークが終わった後に再読すると、さらに新しいものが
見えてくる。

「ファシリテーター」入門への一冊

300頁を超えるボリュームであるが、小説仕立てで文字の大きさや書体も読みやすい。ストーリーを持っているためか中途半端なところで読み終えても記憶に残っており、以前読んだところを読み返すことがなかった。
少々時代遅れかもしれないが、この本を読むまではファシリテーターというものを知らなかった。私のみならず、読者の中には見ず知らずの人たちと受講する研修の中で「アイスブレーク」を経験したことがあっただろう。しかし前半部では室長らが目隠しをしながら道案内をしてもらうなど、日常で使用するには難がある設定も感じられた。一方ストーリー中盤では、個性的な幹部が登場し社内の経歴や力関係なども関わってきて少し現実味を帯びている。しかし他のレビューにあるとおり、ストーリーの中で紹介されているツールとその使用するタイミング及び方法がこの本の特徴なのではないかと思える。この本がファシリテーターを知るきっかけとなり、解説本や続編をあわせて読むことでさらにファシリテーターとしての能力を向上できるのではないかと想像した。初版から3年経っているが後半に述べられている不正の隠蔽は現在でもニュースを賑わっており、内容に古さは感じられなかった。



ダイヤモンド社
ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!
問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)
ファシリテーター養成講座―人と組織を動かす力が身につく!
ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)
ファシリテーション入門 (日経文庫)







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー