無料 レンタルサーバー

アイフル元社員の激白―ニッポン借金病時代



ツバイク、ウォール街を行く ― 株式相場必勝の方程式 (ウィザードブックシリーズ)株価の見方 (日経文庫)<業界の最新常識> よくわかる銀行業界 (業界の最新常識)相場は生きている 相場実践編渋沢栄一とヘッジファンドにリスクマネジメントを学ぶ―キーワードはオルタナティブ最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎 (講談社現代新書)15万円からはじめる本気の海外投資完全マニュアルアイフル元社員の激白―ニッポン借金病時代株式サヤ取り講座 (同友館投資クラブ)コンテンツビジネスの資金調達スキーム


アイフル元社員の激白―ニッポン借金病時代
アイフル元社員の激白―ニッポン借金病時代

ジャンル:
セールスランク:117287 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

学校では教えてくれない話

元アイフルのトップセールスが、貸し手・借り手両方の視点から
「サラ金業界の常識」と「無知」について鋭く切り込んで書いています。

あなたは「保証人」と「連帯保証人」の違いがわかりますか?
「単なる保証」と「包括根保証」の違いがわかりますか?

社会に出て本当に必要なことは学校では教えてくれないものなのか?

私の周りにも多重債務で苦しんでいる人が何人かいるが、
彼らには違いがわかるはずも無い。そういう人が何と多いことか。
テレビコマーシャルのイメージと借り易さってのは時に罪ですね。
サラ金=悪、の「わかりやすい図式」。

アイフルの営業停止、その処分が報道された際、「貸しすぎ」「儲け過ぎ」に批判的な論調が多く、処分の妥当性に関して客観的に分析したものは少なかったように思います。

大手金融機関が、消費者金融と提携して個人向け小口融資を拡大していること。都銀2行もアイフルと提携。その他金融機関を加えればアイフルの提携先は82(!)。

著者は確かにアイフルが起こした不祥事は明らかに「違法行為」、処分はあってしかるべきだが、なぜこの程度の不法行為で全店営業停止に追い込まれたのか?・・・という最近の「サラ金」叩きの背景に迫ります。上述の銀行の個人向け融資の拡大や借り手側の事情。

「サラ金」=悪、という単純な図式だけでは割り切れない事情を解説した事情通本。
消費者金融、キャッシングとは・・・

 「アイフルだけがなぜねらわれたのか。」「営業停止においやられたのか。」を多面的な角度から分析している。興味深く読み終えた。
 消費者金融=サラ金=キツイ取りたて、法外な利子=悪というイメージが定着し、人々は警戒心をもっているが、実はそれ以上に危険なシステムの存在が、ごく自然に私達のまわりにあふれていることをこの本は警告している。すなわち銀行、クレジット会社もなんら消費者金融と変わらない、同類なのだと。
 社会人のルールブックとして1冊持っていたい本である。



花伝社
サラ金トップセールスマン物語―新入社員実録日誌
サラ金嬢のないしょ話 (講談社文庫)
金融屋―借金漬けにされる消費者たち
サラ金崩壊―グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争
ヤミ金融 (中公新書ラクレ)







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー