無料 レンタルサーバー

理系のための恋愛論



恋人選びの心―性淘汰と人間性の進化 (2)理系のための恋愛論10年後の「結婚しないかもしれない症候群」失恋論恋愛の超克夢が実現する9つのルール―セルフコーチングで「愛と成功」を手に入れる「彼の気持ち」がわかる本―なんで最近好きって言ってくれないの? (だいわ文庫)モテ本!―なぜか男を魅きつける150のテクニックしあわせな結婚レッスン〈12〉ゼッタイ、必ず、大丈夫!―幸せをつかむ心のキメ方58


理系のための恋愛論
理系のための恋愛論

ジャンル:
セールスランク:102252 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 34 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

「理系のため」ではないが、読んでみてもいいかも

内容は女性の観点から見た一般的な恋愛論。
「理系」という観点は、最初に少しでてくるだけ。内容的にも斬新な内容というわけではなく、なんとなく日記的。こんなタイトルはめったにないと思って買ったけど、ちょっとだまされた感じです。

ただ、男の一人よがりな態度を反省するという意味で読むと楽しいかも。

内容的には星3つ

タイトルに偽りがあるので星2つ
恋愛にカテゴリーは無いんですね。

理系は口下手とか、理論がましいとかよく言われるうちの一人なんですが そんなこともなく恋愛に理系も文系も、簡単なカテゴリーですむ問題ではないんだなってよく思い知らされました。
「理系」とは関係ないエッセー

「理系のため」とタイトルにあるが、内容は筆者の周辺にいる女性の体験談を元にしたエッセーであり、恋愛のHOW TOやブループリントが書かれている訳ではない。また、「理系」に特化した話題でもない。あとがきのタイトルは「サカイフユキが男性に厳しいワケ」である。本書に書かれているのは、男性に対する厳しい、高いコストの支払いの要求だけであり、リターンや詳細な分析が書かれているのではない。

独りで生活するほうが合理的であると考える者にとって、本書は「職場の女性に嫌われない為にわずかなコストを払うための指針」程度にはなるが、恋愛への誘いにはならないであろう。本書の元となった連載記事の過去の全記事が、MYCOM PCWEBにて閲覧可能である。
理系という皮でごまかされてるが普通の恋愛論

理系でもなんでもなくて普通の恋愛論。
ホントの理系の人はこんなに少ない事例でこんなにたくさんの結論を書かれたりすると納得できないでしょう、普通、などとも思ってしまいます。さほど論理的でもないし。
出てくる奴も、理系だけの特徴じゃないのを理系としてまとめちゃってるし。ちょっと変わった奴は理系っていうとまとまっちゃうからだろうけど。

でもこういう話もある、として読むのはそこそこ面白い。女性はこんな感じで男をみてることも結構あるよ、ぐらいの軽い気持ちで読むのがよいところだと思う。理系の人がまわりに多ければ、話のネタとして読んでおくのもよいかもしれない。もしもこの本に「Webで書かれたコラム」であること以上の、何か実践的な結論を求めるのなら別の本を読んだ方が価値はある。
すごく面白かった!

タイトルに惹かれて買いました。以前付き合っていた理系の彼と本当に色々な点で意見が合わなくてずっとその原因が気になっていたので。私は完全な文系で文化系。彼は理系で体育会系。なんでもっとじっくり話を聴いてくれないんだろうとか色んなことで悩みました。本の中では「これって私たちのことじゃないの?」と思うことも書いてあって、うんうんと共感しながら読みました。理系の男性は女性と接する機会が少ないというのもあって(?)、不器用な人が多いとおもいます。でも、何かに長けている人って場合によってはとても魅力的に映るし、女性が喜ぶのは本当にシンプルなこと−−。年をとったら男の人は仕事で輝く誠実な人が断然ステキ。少しの要素を身につければ理系の人はそうなれる可能性がすごく高くなるだろうに・・・と読みながら思いました。



毎日コミュニケーションズ
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー